長距離通信機能Bluetoothロングレンジ(LE Coded PHY)対応モデル『 LINBLE-LR1 』サンプル販売開始

【速報】2022年からSIGが全ての会費を20%値上げ!

こんにちは、ムセンコネクトCEOの水野です。(プロフィール紹介はこちら

本テーマは動画解説をメインとしておりますが、テキストでの解説もご用意しております。
視聴が難しい方は本ページをスクロールしてご覧ください。

2021年3月9日、Bluetooth SIGの取締役会にて、全会費の20%増額(値上げ)が承認されました。そこで今回の動画は値上げの背景、具体的な値上げの内容、Bluetooth機器メーカーが考えるべきことについて解説しています。

目次

Bluetooth認証費用を含む全会費の値上げ背景について

Bluetoothビジネスの驚異的な拡大

Bluetooth SIGが出している「2021Bluetooth Market Update」によると、2024年には、Bluetooth対応デバイスの年間総出荷台数が62億台まで増加し、2019-2024年の5年間における年平均成長率は8%の伸び率で推移すると予想されています。

成長を支える組織

上記Bluetoothビジネスの成長を支える組織がBluetooth SIGです。この驚異的なBluetoothビジネスの拡大を支えるために、Bluetooth SIGでは新しいプログラムの設立、会員向けツールの追加と強化、スタッフの増員、イベントの開催、さらにはBluetooth技術の普及とBluetoothブランドの世界的な保護への取り組みなどを強化してきましたが、今後も増加が予想される運営資金に対し、SIGの年間収入の成長が追いついていないとの判断から、今回の値上げに踏み切った模様です。

具体的な値上げの内容

現状と値上げ後の会費一覧

値上げは2022年1月1日以降適応され、全会費が一律20%引き上げられることになります。この中でも特に、Bluetooth機器メーカーに大きく影響するのがDeclaration ID(申告ID)の購入費の値上げです。

現状は$8,000 USDですが、来年からは$9,600 USDになり、2021年4月現在の為替相場だと100万円を超える費用になります。

項目料金更新料金
(2022年1月1日~)
アダプター年会費$0$0
アソシエイト(大手)年会費$35,000$42,000
アソシエイト(小規模)年会費$7,500$9,000
申告ID購入費 – アソシエイトメンバー$4,000$4,800
申告ID購入費 – アダプターメンバー$8,000$9,600
申告ID購入費 – GATTベースプロファイルのクライアント(app)$100$120
BQTF年間料金$8,000$9,600
BRTR年間料金$2,000$2,400
16ビットUUID – メンバー$2,500$3,000
BQC受験料$600$720

Bluetooth機器メーカーが考えるべきこと

必要に応じて2021年中に申告IDを購入しておきましょう

申告IDの購入費用が$9,600 USDになるのは2022年1月1日以降です。もし現時点で2022年に最終製品登録(EPL登録)の予定があれば、今年2021年中に申告IDを購入しておきましょう。必要数の申告IDを事前に購入しておけば、20%増額前($8,000 USD)の費用で済みます。

ただし2021年2月から申告IDには12ヵ月間の有効期限が設けられているため注意が必要です。有効期限に注意し、期限内に使用可能な必要数だけ事前購入し、使用(登録)するようにしましょう。

よろしければシェアをお願いします
目次