ホーム > ブログ > 無線化講座 > 無線認証 > 【サルでもわかる】技適とは?正しく学ぶ『技適』の話

【サルでもわかる】技適とは?正しく学ぶ『技適』の話

こんにちは、ムセンコネクトCEOの水野です。(プロフィール紹介はこちら

※本テーマは動画視聴が難しい方向けにテキストでの解説もご用意しております。本ページをスクロールしてご覧ください。

今回は技適についてあまり詳しくない方、知識を深めたい方に向けに『技適とは?』『技適マークとは?』『技術基準適合証明と工事設計認証の違い』などについて解説します。

なお、本内容は、総務省が公開している情報に基づいて構成をしています。

技適とは?なんのため?

技適とは『技術基準適合証明』の略称で、『日本国内電波法』のことを指します。

無線通信の混信や妨害を防ぎ、また、有効希少な資源である電波の効率的な利用を確保するため、無線局の開設は原則として免許制としており、当該無線局で使用する無線設備が技術基準に適合していることを免許申請の手続きの際に検査を行うこととしております。

出典:総務省

つまり、技適とは無線通信の安定、かつ、スムーズな利用の確保を目的として作られた日本の法律になります。

BluetoothやWi-Fiなどの無線モジュールが搭載された無線機は日本電波法に規定されている機器認定を受ける必要があります。この機器認定は『技術基準適合証明』と『工事設計認証』の2つに分かれており、この2つの認定取得を総称して『技適取得』と呼ぶこともあります。

海外主要各国の電波法認証についてはこちら

技適マークとは?何についている?表示義務は?

技適マークと技適番号

技適マークとは、電波法で定められている技術基準に適合している無線機であることを証明するためのマークであり、その証となるマークを無線機に貼付する必要があります。また、技適を取得した際には固有番号である『技適番号』が付与され、技適マークと一緒に表示をします。

一般的に多くの場合、技適マーク、および技適番号は無線機の型式名称や製造者が記載された銘板の中に表示されています。

LINBLE-Z1の銘板に記載された技適マークと技適番号

『技適番号』から技適取得した機器の検索が可能

総務省では技適取得した機器の検索サイトを用意しています。『技適番号』を入力することで、技適取得の有無を確認することができます。

技適マークの表示義務は?

今回、技適マークの表示義務について、関東総合通信局に直接問い合わせをして確認してみました。

表示義務はあります。無線機が製品内に組み込まれており外観として見えない場合は筐体に無線機と同じ技適マーク及び技適番号を、印字またはシール等で表示する必要があります。また、もし筐体の意匠性を損なう場合はパッケージや取扱説明書などに無線機と同じ技適マーク及び技適番号を表示する必要があります。」

技適マークが無いとどうなる?

技適マークなしの無線機は「免許を受けられない/違法になる」恐れがあります。

数年前に報道された実例として、某A社の一般消費者向け小型端末において、電波法に規定されている技術基準に適合していないことが分かり(技適不適合)、A社は総務省から厳重注意を受け、必要な措置を講ずるよう要請があったそうです。

『技術基準適合証明』と『工事設計認証』の違い

前述の通り、日本電波法には『技術基準適合証明』と『工事設計認証』の2種類が存在し、それぞれ対象や試験にて証明する数量などが異なります。

項目技術基準適合証明工事設計認証
対象試作機や小規模生産量産
試験数量全数抜き取り

例えば技術基準適合証明では全数試験になり、一台毎に固有の認証番号が貼付されるのに対して、工事設計認証は抜き取り試験になり、同一の認証番号が貼付されます。

『技術基準適合証明』を取得した体験記はこちら

技適取得済み無線モジュールを組み込めば技適取得を省略できる特例もある

以上のように、日本で無線機を使用するためには技適の認定が不可欠ですが、下記図のような条件、つまり技適取得済み無線モジュールを最終製品に組み込んだ場合には、特例措置による技適取得の省略が可能になります。

この件については、以前にもご紹介しています、ご興味あればご覧ください。

技適はどう取得すれば良い?海外無線機器の販売開始をスピードアップさせるシンプルな解決

タグ: / / / /
この記事を書いた人
AGC、ユニクロ、freeeを経てデバイスと無線通信をひとつにするつなぎ役として、どんなメーカーでも無線化を実現できる世界をつくりたいという想いで株式会社ムセンコネクトを創業。筑波大学大学院修了、Bluetooth SIG公認 Bluetooth®認証コンサルタント。
ページトップへ戻る