ホーム > ブログ > 無線化講座 > 無線認証 > 【実例から学ぶ】BluetoothのCompany IDの取得方法

【実例から学ぶ】BluetoothのCompany IDの取得方法

こんにちは、ムセンコネクトの三浦です。

早いものでムセンコネクト設立から1年半が経ちました。

ムセンコネクトを設立時、まずはBluetooth SIGのメンバーを登録をし、その後Company IDの取得を行いました。今回はそのCompany IDを取得した時の実例をご紹介したいと思います

※Bluetooth SIGのメンバー登録に関する説明はコチラの記事でご覧ください。

【注意事項】

ムセンコネクトがCompany IDを取得したのは2019年5月です。(執筆時点で1年以上前の情報です。)最新のBluetooth SIGのホームページでは取得の手順が変わっている可能性があります。

Company Identifier

Company Identifier(企業識別子。以下、Company ID)は、Bluetooth SIG によってSIGメンバー企業に割り当てられる固有の番号です。SIGメンバー企業が必要に応じて申請することでCompany IDを割り当ててもらうことができます。

SIGメンバー企業が必ず取得しなければならないというものではありませんので、Company IDが必要になったときに申請するのが良いでしょう。

https://www.bluetooth.com/ja-jp/specifications/assigned-numbers/company-identifiers/

Company IDは0x0000~0xffffの2バイトの数字となっています。0xffffは予約番号になっているため、65534社分の番号を割り振ることができます。
2020年9月時点で 2400社がCompany IDを取得しています。(まだまだ余裕があります。)

企業識別子は以下の用途で利用します。
・ LMP_CompID(Bluetooth® コア仕様を参照)
・ EIRデータに含まれるManufacturer Specific Dataの企業識別子コード
・ Advertising Dataに含まれるManufacturer Specific Dataの企業識別子コード
・ Vendor specific codecsのCompany ID
・ Vendor Specific A2DP Codecs用のVender IDの下位16ビット
・ デバイス ID サービスレコードの VendorID 属性
・ 802.11_PAL_Company_Identifier(Bluetooth コア仕様 v3.0 + HS 以降を参照)

Bluetooth Low Energyのアドバタイズデータで使う場面が多いと思います。
ベンダー企業がアドバタイズに自由にデータを載せて発信する用途に利用します。
Apple社のiBeaconで利用されたことで、同様の利用をする企業が増えました。

Company IDの利用

Company IDを利用するシーンとして、Bluetooth Low Energyのアドバタイズがあります。
アドバタイズにはAD Structureという複数の情報を含むことができますが、AD StructureとしてManufacture Specific DataというAD Typeを選択した場合は、自社のCompany IDをデータフォーマットに設定する決まりになっています。
Manufacture Specific Data はベンダーが自由に情報を設定できるデータタイプなので、各社のデータが混在しないように、Company IDを含めるというルールになっているわけです。

Manufacture Specific Dataとして、iBeaconではビーコン固有のID情報を発信していますが、ベンダーによっては機種名や電池電圧、稼働状態などを含めて発信することができます。BLE接続をしなくてもペリフェラル側機器の情報を取得できるので便利です。

Company IDの申請手順

申請の開始

「Company Identifiers」 のページにアクセスします。

https://www.bluetooth.com/specifications/assigned-numbers/company-identifiers/

Bluetooth SIGのメンバーとしてログインした状態で 「Bluetooth Support」をクリックします。

このページは日本語での説明も用意されています。

申請内容の入力

記入に迷うとしたら“Request Description“欄だけだと思います。 特に「貴社が現在、Bluetooth SIG の優良メンバーである声明文*」が何を書いたらいいのか迷います。

下記のように記載しました。
「We are adopter member in BLUETOOTH SIG.
We declare that we compliance to “BLUETOOTH Member in Good Standing”」
特にエビデンス等もなく、「宣言」をしただけです。

(参考) Request Description欄に記載した内容。

「Submit」を押して申請すると、Bluetooth SIGから確認メールが自動返信されます。

Bluetooth SIGの受理待ち

Bluetooth SIGで申請が受理されてCompany IDの付与が完了したことを通知するメールが届くのを待ちます。

申請前のページには、受理に5営業日かかると記載されています。

(実際は数時間で受理され、Company IDが付与されました。)

Company IDとして0x07A6(16進数)が付与されました。

来週にはBluetooth SIGのホームページの表に反映されると記載されています。1週間くらいしたらホームページに反映されているか確認してみましょう。

https://www.bluetooth.com/ja-jp/specifications/assigned-numbers/company-identifiers/

タグ: / / /
三浦 淳
この記事を書いた人
岩手県出身。高崎経済大学卒。車載、健康機器、無線通信など幅広い組込み開発を経験。2012年にスマホ向けBluetoothビーコンを世界で初めて製品化。近年では多数のIoT関連プロジェクトにおいて無線通信やデバイス開発の技術支援に従事。株式会社イーアールアイの技術部グループマネージャーを兼任。
ページトップへ戻る