ホーム > ブログ > 無線化講座 > 無線認証 > Bluetooth認証をラクに取得できるBluetoothモジュールの見分け方

Bluetooth認証をラクに取得できるBluetoothモジュールの見分け方

こんにちは、ムセンコネクトCEOの水野です。(プロフィール紹介はこちら

※本テーマは動画視聴が難しい方向けにテキストでの解説もご用意しております。本ページをスクロールしてご覧ください。

Bluetooth認証のお問合せを頂く中で、Bluetoothモジュール自体がBluetooth認証を取得しているか?また、どう取得しているか?を意識せずにモジュールを検討したり、ご採用頂いている方が多いと感じています。

そこで今回の動画では、『End ProductとComponentの違い』と『Bluetooth認証をラクに取得できるBluetoothモジュールの見分け方』という点にフォーカスしてポイントを解説しています。

End Product認証済みデザインとComponent認証済みデザイン

以前ムセンコネクトのブログでもお伝えした通り、Bluetooth認証をラクに取得するためにはQDID(Qualified Disign ID)と呼ばれる認証済みデザインIDとProduct Typeが重要になります。

自社製品に組み込むBluetoothモジュールのProduct TypeがEnd Product認証済みデザインの場合、該当のBluetoothモジュールが取得しているQDIDを参照することでBluetooth認証の最終製品登録を試験免除で実施することが可能です。

一方、Product TypeがComponent認証済みデザインの場合、認証設計完了後に自社で新規QDIDを取得したり、End ProductとしてModule(PHY)、SoftDevice、Application(プロファイル等)を組み合わせた認証取得が必要となります。

このEnd ProductComponentの違いを理解する上で重要となるのが設計認証の構成要素です。以下に補足していきます。

設計認証とは?

設計認証とは「Bluetoothのハードウェア、ソフトウェア、機能がBluetooth SIGの技術要件を満たしていることを証明するもの」であり、その構成要素は以下のような図で表します。

End Product認証済みデザインのBluetoothモジュールは、上記図の通りModule/SoftDevice/ApplicationというBluetoothの技術要件を3つ全て満たしています。よって、そのBluetoothモジュールをそのまま組み込んだ自社製品もEnd Product最終製品)の水準を満たしているとみなされ、試験が免除されます。

一方、Component認証済みBluetoothモジュールはModule(PHYレイヤー)のみ技術要件を満たしています。つまりEnd Productとして登録するには、残りのSoftDeviceやApplicationも満たしたものが必要になり、その過程で別途認証試験が必要なケースも出てきます。

Bluetooth認証をラクに取得できるBluetoothモジュールの見分け方

そこで、おススメしたいBluetoothモジュールの見分け方は大きく3点あります。

認証済

まずBluetoothモジュールがBluetooth認証を取得していることはもちろん、Product TypeがEnd Product認証済みかどうか?を確認してください。もし、End Product認証済みであればBluetooth認証に必要な試験を省略することができ、Bluetooth認証取得までの時間やコストを大幅に削減することができます。

ファームウェアの搭載有無

Bluetoothモジュールがファームウェアを搭載していない「ブランクモジュール」の場合、自社でファームウェア開発が必要となる上、さらにファームウェア部分の認証試験が必要となってしまう場合があります。よってファームウェアが搭載されているBluetoothモジュールを採用すると開発に要する工数、コストが大幅に削減できます。

入手性

自社にとって必要なときに、必要な数量だけ、すぐに入手できるかどうか?を確認してください。この点も見逃せない重要ポイントの一つです。昨今電子部品の供給不足が慢性化しており、安定的な製品づくりが難しくなってきています。結果、1-2年先の需要までまとめて手配するといった企業もあるようですが、理想としては製品をつくる(必要な)ときに、つくるだけの(必要な)量を、すぐに入手できることで適切な在庫確保と管理コスト負担の低減を図ることができます。

Bluetooth認証をラクに取得できるBluetoothモジュール『LINBLE-Z1』

ムセンコネクトのBluetoothモジュールLINBLE-Z1は上記3つのポイントを全てクリアしています。Bluetooth認証に関するご相談も広く受け付けております。ご興味あれば是非ご検討ください。

タグ: / / / / / /
この記事を書いた人
筑波大学大学院修了。AGC、ユニクロ、freeeを経て、デバイスと無線通信をひとつにするつなぎ役としてどんなメーカーでも無線化を実現できる世界をつくりたいという想いで株式会社ムセンコネクトを創業。Bluetooth SIG公認 Bluetooth®認証コンサルタント。株式会社イーアールアイの取締役を兼任。
ページトップへ戻る