ホーム > ブログ > 無線化講座 > 商品企画 > 【動画&テキスト】【速報】2022年からSIGが全ての会費を20%値上げ!

【動画&テキスト】【速報】2022年からSIGが全ての会費を20%値上げ!

こんにちは、ムセンコネクトCEOの水野です。(プロフィール紹介はこちら

※本テーマは動画視聴が難しい方向けにテキストでの解説もご用意しております。本ページをスクロールしてご覧ください。

2021年3月9日、Bluetooth SIGの取締役会にて、全会費の20%増額(値上げ)が承認されました。そこで今回の動画は値上げの背景、具体的な値上げの内容、Bluetooth機器メーカーが考えるべきことについて解説しています。

Bluetooth認証費用を含む全会費の値上げ背景について

Bluetoothビジネスの驚異的な拡大

Bluetooth SIGが出している「2021Bluetooth Market Update」によると、2024年には、Bluetooth対応デバイスの年間総出荷台数が62億台まで増加し、2019-2024年の5年間における年平均成長率は8%の伸び率で推移すると予想されています。

成長を支える組織

上記Bluetoothビジネスの成長を支える組織がBluetooth SIGです。この驚異的なBluetoothビジネスの拡大を支えるために、Bluetooth SIGでは新しいプログラムの設立、会員向けツールの追加と強化、スタッフの増員、イベントの開催、さらにはBluetooth技術の普及とBluetoothブランドの世界的な保護への取り組みなどを強化してきましたが、今後も増加が予想される運営資金に対し、SIGの年間収入の成長が追いついていないとの判断から、今回の値上げに踏み切った模様です。

具体的な値上げの内容

現状と値上げ後の会費一覧

値上げは2022年1月1日以降適応され、全会費が一律20%引き上げられることになります。この中でも特に、Bluetooth機器メーカーに大きく影響するのがDeclaration ID(申告ID)の購入費の値上げです。

現状は$8,000 USDですが、来年からは$9,600 USDになり、2021年4月現在の為替相場だと100万円を超える費用になります。

Bluetooth機器メーカーが考えるべきこと

必要に応じて2021年中に申告IDを購入しておきましょう

申告IDの購入費用が$9,600 USDになるのは2022年1月1日以降です。もし現時点で2022年に最終製品登録(EPL登録)の予定があれば、今年2021年中に申告IDを購入しておきましょう。必要数の申告IDを事前に購入しておけば、20%増額前($8,000 USD)の費用で済みます。

ただし2021年2月から申告IDに12ヵ月間の有効期限が設けられているため注意が必要です。有効期限に注意し、期限内に使用可能な必要数だけ事前購入するようにしましょう。

タグ: / / / / / /
この記事を書いた人
筑波大学大学院修了。AGC、ユニクロ、freeeを経て、デバイスと無線通信をひとつにするつなぎ役としてどんなメーカーでも無線化を実現できる世界をつくりたいという想いで株式会社ムセンコネクトを創業。Bluetooth SIG公認 Bluetooth®認証コンサルタント。株式会社イーアールアイの取締役を兼任。
ページトップへ戻る