ホーム > ブログ > 無線化講座 > 商品企画 > 【動画&テキスト】【大手 or グループ企業向け】SIGメンバー登録のやり方と注意すべきこと

【動画&テキスト】【大手 or グループ企業向け】SIGメンバー登録のやり方と注意すべきこと

こんにちは、ムセンコネクトCEOの水野です。(プロフィール紹介はこちら

※本テーマは動画視聴が難しい方向けにテキストでの解説もご用意しております。本ページをスクロールしてご覧ください。

今回は「SIGメンバー登録」をテーマにしております。大手やグループ企業に所属するご担当者の方々が、SIGメンバー登録する際にぜひ気になるのが「他グループ企業でメンバーになっていないか?」「自分がメンバー登録を行って良いのか?」などです。初めての登録申請で、特に組織が大きい大手企業やグループ企業の方々は、メンバー登録に苦労されるケースがございます。

そこで今回は、大手やグループ企業など比較的大きい組織に所属する方々向けにSIGメンバー登録の際の注意点とその方法について解説しています。

SIG側のメンバーアカウント管理について

メンバーアカウントの識別子はEメールドメイン

Bluetooth SIGではメンバーアカウントの識別子として、Eメールドメインを採用しています。そのため、1つのEメールドメインにつき登録できるメンバー企業は1社のみです。以下のようなイメージです。

  • メンバー登録企業:ムセンホールディングス株式会社
  • メンバーアカウント(Eメールドメイン):@musen.co.jp

SIGはEメールドメインを識別子としているため、大手・グループ企業の方々は次の点を理解しておく必要があります。

既にムセンホールディングスがSIGメンバー登録を行っていた場合、その関連企業であるムセンテクノスがメンバー登録申請を行うとその申請は拒否されてしまいます。理由は、2社が使用しているEメールドメインが同じであるが故に、該当のEメールドメインは既に登録済みと見なされるためです。

大手・グループ企業の方々が気をつけるべき重要点

事前に同一ドメインを持つ関連企業が登録済みか確認

次のページでご自身のメールアドレスを入力してみてください。

https://apps.bluetooth.com/registration#/adopterapply

既にご自身のEメールドメインが登録済みだった場合は「既にそのEメールドメインは存在します」という以下の様なアラートが表示されます。

もし、アラートが表示せず次のページに進めるのであれば他グループ会社含めまだSIGメンバー登録が行われていないことが確認できます。

では、まだグループ会社含めSIGメンバー登録がされていなかった場合、どの会社がメンバー登録を行うべきなのでしょうか?

ドメインの所有権を持つ会社が登録を行うべき

理解を深めるために例を示して説明します。

上記のようなグループ会社があった場合、ドメインの所有権を持っている会社がSIGメンバー登録を行うべきです。理由は、SIGメンバー登録申請時に、SIGがEメールドメインの所有権を確認してくる場合があるからです。今回の例であれば、その証明ができる親会社のムセンホールディングスがSIGメンバー登録を実施すべきです。

では、以後の製品登録もEメールドメインの所有権を持っている会社が行うべきなのでしょうか?

ユーザーアカウントは追加することができる

1つのメンバーアカウントにぶら下げる形で、ユーザーアカウントを追加することができます。ユーザーアカウント数の追加に制限はないため、ユーザーアカウント追加後は、各企業が最終製品登録などのリスト化も可能になります。以下のようなイメージです。

  • メンバーアカウント:@musen.co.jp
    • ムセンホールディングス株式会社:musenhd
    • ムセンテクノス株式会社:musentech

ユーザーアカウント追加申請手順

既にメンバーアカウントが登録済みの場合、ユーザーアカウントの追加申請手順は4つのステップがあります。

Step.1

Bluetooth SIGのユーザーアカウントアプリケーションページから申請を行います。

https://apps.bluetooth.com/registration#/userapply

Step.2

申請書を提出します。内容に不備がなければ、自動的に新しいユーザーアカウントが承認されます。

Step.3

申請者のメールアドレス確認のため、次のメールアドレスからメールが届きます。

member.relations@bluetooth.com

Step.4

メール記載の指示に従い、メールアドレスを確認、ユーザーアカウントを有効化、これで完了です。

タグ: / / / /
この記事を書いた人
筑波大学大学院修了。AGC、ユニクロ、freeeを経て、デバイスと無線通信をひとつにするつなぎ役としてどんなメーカーでも無線化を実現できる世界をつくりたいという想いで株式会社ムセンコネクトを創業。Bluetooth SIG公認 Bluetooth®認証コンサルタント。株式会社イーアールアイの取締役を兼任。
ページトップへ戻る