ホーム > ブログ > 無線化講座 > モジュール・デバイス > BLEモジュールLINBLE-Z1の通信距離データ

BLEモジュールLINBLE-Z1の通信距離データ

こんにちは、ムセンコネクトCMO、兼 無線化.comカスタマーサポート担当の清水です。
(プロフィール紹介はこちら

本ページではLINBLE-Z1(ムセンコネクト)の通信距離の実測データを掲載しております。LINBLE-Z1ご検討時の参考にしてください。

2020/3/6 更新
各主要デバイスとの測定結果を追加しました。

通信距離の測定方法

計測場所

イーアールアイ社の屋外・道路脇(岩手県盛岡市)

計測方法

  • Central機とPeripheral機の距離を離して設置。
  • Peripheral機はアドバタイズをしている状態とし、Central機から接続を試行する。
  • 接続の成功、失敗回数をカウントし、接続成功確率を算出する。
項目内容
測定対象
(Peripheral)
LINBLE-Z1
対向デバイス
(Central)
1. LINBLE-Z1
2. iPhoneXR(iOS)
3. Pixel3(Android)
4. SurfacePro7(Windows10)
測定距離10m〜100m(10m間隔)
高さ地上から50cmの高さ
測定回数1箇所につき10回
測定パラメータ初期値

測定結果(接続成功確率)

  • デバイスによって通信距離性能に大きな違いがあることがわかります。
  • 各デバイスのハードウェア性能だけではなく、各OSごとにも通信性能には差が出ると考えられます。

参考情報(ZEAL-LE0との比較)

  • LINBLE-Z1は40m程度まで安定した接続が確認できました。
  • 40mを超えると全く接続できなくなるわけではないが、距離延長とともに徐々に接続エラーが発生するようになります。
  • ZEAL-LE0は40mあたりから徐々に接続エラーが発生するようになる。LINBLE-Z1の方が多少通信距離性能が良いと言えます。

注意事項・その他

  • 本ページの内容は、特定の測定環境下におけるLINBLE-Z1とZEAL-LE0の通信距離を測定した結果です。あくまで一例ですので、通信距離性能を保証するものではありません。参考値としてご活用ください。
  • 無線機器の通信距離は設置環境や天候、周辺の電波状況など、外的要因に大きく左右されます。
清水 芳貴
この記事を書いた人
東京都墨田区出身。エイディシーテクノロジー株式会社に入社後、2006年からマーケティング・カスタマーサポート担当として組込用BluetoothモジュールZEALシリーズの企画、販売、サポートに従事。また、自身が「無線初心者」としてイチから学んだ知識、ノウハウをメーカーエンジニアの方々に活用してもらうため、Bluetooth導入サポートサイト「無線化.com」を運営。 今回ZEALシリーズの後継モデルを立ち上げるためムセンコネクトに参画。エイディシーテクノロジーの取締役を兼任。 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし。 好きなもの: よく晴れた日に昼間から飲むビール、 家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること、 子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。
ページトップへ戻る