長距離通信機能Bluetoothロングレンジ(LE Coded PHY)対応モデル『 LINBLE-LR1 』サンプル販売開始

Silicon Labs BLEモジュールのLong Range化手順③【Long Range動作の確認】

こんにちは、ムセンコネクトCMOの清水です。(プロフィール紹介はこちら

連載企画「シリコンラボ(Silicon Labs)製BLE開発キットBGM220x Wireless Gecko Module Start Kitを使ってみました」の第6回目です(企画の趣旨や概要説明はこちらの記事をご覧ください)。

今回は、Long Range化したサンプルプロジェクトの「動作確認」です。

目次

サンプルプロジェクトの動作確認ターミナルの起動

ターミナルソフトはTera Termを使用します。PCからTera Termを起動します。

ターミナル(Tera Term)を起動

[ファイル(F)]メニュー > [新しい接続(N)…]を選択し、ポートリストから”JLink CDC UART Port”が割り当てられたCOM番号を選択し、OKをクリックします。

割り当てられたCOMポートを選択

[設定(S)]メニュー > [端末(T)…]を選択し、改行コードの受信(R)をAUTOに設定します。

改行コードを選択

[設定(S)]メニュー > [シリアルポート(E)…]を選択し、スピード(ボーレート)を115200bpsに設定します。

ボーレートを選択

サンプルプロジェクトの実行

ターミナルの準備ができたら、“Resume”ボタンをクリックし、サンプルプロジェクトを実行します。

サンプルプロジェクトを実行

Long Range動作の確認

Long Rangeの動作確認はAndroid端末(OPPO Reno5 A)と評価ボードを操作して行います。

Advertisingの確認

評価ボードからAdvertisingが発信されていることを確認します。Tera Termのログに”Advertising started.”が表示されていればOKです。

ターミナルのログでAdvertisingされていることを確認

Demoアプリの起動・接続の確認

EFR Connect(Androidアプリ)を起動し、Demoアプリを選択します。

EFR Connectを起動
Demoアプリを選択

Blinkyアプリから接続します。

Blinkyを選択
Blinky Exampleを選択
Blinkyアプリが接続状態になります

Blinkyアプリから接続できていることを確認します。Tera Termのログに”Connection opened.”、”Notification enabled.”と表示されていればOKです。

Blinkyアプリから接続されていることを確認

この時点で接続完了です。データ通信が可能な状態となっています。

LED1 Onの確認

Blinkyアプリから評価ボードのLED1を点灯します。LED1がOffの状態でBlinkyアプリの「Light」をタップすると、LED1が点灯することを確認します。

Lightをタップすると・・・
Lightが点灯します

評価ボードのLED1が点灯しました。

評価ボードのLED1が点灯

Tera Termのログに”LED on.”が表示されることを確認します。

ログでもLEDがONになったことがわかります

LED1 Offの確認

評価ボードのLED1が点灯の状態でBlinkyアプリの「Light」をタップすると、LED1が消灯することを確認します。

Lightをタップすると・・・
Lightが消灯します

評価ボードのLED1が消灯しました。

LED1が消灯

Tera Termのログに”LED off.”が表示されることを確認します。

ログでもLEDがOFFになったことがわかります

Button点灯の確認

評価ボードのBTN0を押すと、Blinkyアプリの「Button」が点灯することを確認します。

評価ボードのBTN0を押し続けます

BTN0とLED0はポートを共用しているため、BTN0を押している間、LED0は点灯します。

Blinkyアプリ画面の「Button」が点灯すること確認します。

BTN0を押す前(Button消灯)
BTN0を押した後(Button点灯)

BTN0を押している間中、Blinkyアプリの「Button」は点灯します(BTN0を離すと消えます)。

Tera Termのログに”Notification sent: 0x01.”が表示されることを確認します。

”Notification sent: 0x01.”が確認できればOK

Button消灯の確認

評価ボードのBTN0を離すとBlinkyアプリ画面の「Button」が消灯することを確認します。

評価ボードのBTN0を離す

Blinkyアプリ画面の「Button」が消灯することを確認します。

BTN0を押している最中(Button点灯)
BTN0を離した後(Button消灯)

Tera Termのログに”Notification sent: 0x00.”が表示されることを確認します。

”Notification sent: 0x00.”が確認できればOK

切断の確認

Blinkyアプリ画面から切断することを確認します。

画面左上の戻る(<)をタップします
Blinkyは切断状態になります

Tera Termのログに”Connection closed.”と”Advertising started.”が表示されることを確認します。

”Connection closed.”と”Advertising started.”が確認できればOK

一通りの動作確認ができました。これでLong Range化作業は終了です。

次回は最終回です。「Long Range化のTips集」をご紹介します。

 

よろしければシェアをお願いします
目次