長距離通信機能Bluetoothロングレンジ(LE Coded PHY)対応モデル『 LINBLE-LR1 』サンプル販売開始

【連載】シリコンラボ(Silicon Labs)製BLE開発キットBGM220x Wireless Gecko Module Start Kitを使ってみました

こんにちは、ムセンコネクトCMOの清水です。(プロフィール紹介はこちら

今回から全7回にわたり、連載企画「シリコンラボ(Silicon Labs)製BLE開発キットBGM220x Wireless Gecko Module Start Kitを使ってみました」をお届けしたいと思います。

本記事はその企画説明です。

目次

本企画の趣旨

これまでムセンコネクトでは、コンプリートBLEモジュール「LINBLE」シリーズをはじめとして、主にNordic Semiconductor社(以後、ノルディック社)のBLEモジュールをメインで扱ってきました。

ですが、今回は新たにSilicon Labs社(以後、シリコンラボ社)のBLEモジュール(評価ボード)を使って、開発環境の構築と性能評価をしてみることにしました。その狙いは下記の通りです。

  • 昨今の半導体不足やサプライチェーンの流動性等を勘案し、扱えるBLEモジュールの選択肢を増やしておきたい
  • ノルディック社製BLEモジュールとの性能比較を行いたい(特にLong Range/Coded PHYの長距離通信性能比較)
  • BLEモジュールに関するナレッジ・ノウハウをさらに蓄積していきたい
  • 開発環境構築やLong Range化の手順を記録として残し、社内外にシェアしたい

これらの目的を果たすため、実際にシリコンラボ社製BLEモジュールのスターターキットを入手し、その作業手順を「手順書」としてまとめました。それが本企画の趣旨です。

BGM220x Wireless Gecko Module Start Kit

連載記事の目次

連載記事は全7回です。

まずは開発環境の構築からサンプルプロジェクトの作成、動作確認までを行い、続いてLong Range化、およびLong Rangeでの動作確認を行いました。

  1. Silicon Labs BGM220xワイヤレスGeckoスターターキットの使い方①【開発環境の構築】
  2. Silicon Labs BGM220xワイヤレスGeckoスターターキットの使い方②【サンプルプロジェクトの作成・ビルド・動作確認】
  3. Silicon Labs BGM220xワイヤレスGeckoスターターキットの使い方③【Tips集】
  4. Silicon Labs BLEモジュールのLong Range化手順①【Long Range化のための環境】
  5. Silicon Labs BLEモジュールのLong Range化手順②【サンプルプロジェクトのLong Range化】
  6. Silicon Labs BLEモジュールのLong Range化手順③【Long Range動作の確認】
  7. Silicon Labs BLEモジュールのLong Range化手順④【Tips集】
よろしければシェアをお願いします
目次