長距離通信機能Bluetoothロングレンジ(LE Coded PHY)対応モデル『 LINBLE-LR1 』サンプル販売開始

Silicon Labs BGM220xワイヤレスGeckoスターターキットの使い方③【Tips集】

こんにちは、ムセンコネクトCMOの清水です。(プロフィール紹介はこちら

連載企画「シリコンラボ(Silicon Labs)製BLE開発キットBGM220x Wireless Gecko Module Start Kitを使ってみました」の第3回目です(企画の趣旨や概要説明はこちらの記事をご覧ください)。

今回は「統合開発環境SSv5のTips集」です。

目次

SSv5のLauncherパースペクティブ

ターゲットデバイス(開発ボード)をUSBケーブルでPCに接続し、SSv5を起動します。インストール後、最初に表示されるのがLauncherパースペクティブの”Welcome”画面です。

Welcome画面

デバイスが接続されているのを確認して”Start”をクリックすると、”OVERVIEW”タブが表示されます。

OVERVIEWタブ

デバイスの詳細が表示されます。

”Create New Project”をクリックしてプロジェクトを作成します。

EXAMPLE PROJECT & DEMESタブ

選択したデバイス(ターゲットデバイス)と互換性があるサンプルプロジェクト、およびデモのリストが表示されます。

サーチボックとチェックボックスを使用して、リストをフィルタリングします。

”RUN”をクリックして、ターゲットデバイスにデモをインストールします。

”CREATE”をクリックして、そのプロジェクトを作成します。これは作成するプロジェクトが既に選択されていることを除いて、”OVERVIEW”タブでプロジェクトを作成するのと同じです。

DOCUMENTATIONタブ

選択したデバイス(ターゲットデバイス)と互換性があるドキュメントが表示されます。

COMPATIBLE TOOLSタブ

選択したデバイス(ターゲットデバイス)と互換性があるツールが表示されます。

SSv5のSimplicity IDEパースペクティブ

Simplicity IDEパースペクティブは、3つのビューとエディタ領域、ツールバーから構成されます。

Simplicity IDE
パースペクティブ
説明
Project Explorer View現在のワークスペース内の使用可能なプロジェクトを一覧表示する
Debug Adapters ViewLauncherパースペクティブと同じ
※USBケーブルでPCに接続されているデバイス(開発キット)を一覧表示する
Other ViewsProblems/Search/Call Hierarchy/Consoleタブで構成される
Toolbarデバッグおよびその他のコードとファイルのオプションを提供する
Editor AreaProject Explorer Viewで選択したプロジェクトファイルの内容を表示する
例)
*.c/*.h(Cソース/ヘッダファイル)
readme.md(本サンプルプロジェクトiBeaconの説明)
soc_ibeacon.slp(Project Configuratorプロジェクトファイル)
gatt_configration.btconf(Bluetooth GATT Configuratorファイル)

SoC – iBeaconの表示

Project Explorer Viewでreadme.mdファイルを選択します。

作成したプロジェクトについての説明が表示されます。

Project Configuratorプロジェクトの表示

Project Explorer Viewでsoc_ibeacon.slcpファイルを選択します。

Project Configuratorが開きます。

Bluetooth GATT Configuratorの表示

Project Explorer Viewでgatt_configuration.btconfファイル(conf\btconfファルダ内)を選択します。

Bluetooth GATT Configuratorが開きます。

ツールバー

ツールバーは、デバッグおよびその他のコードとファイルのオプションを提供します。

ボタンボタン名説明
Debugデバッグモードでイメージをビルドし、ターゲットデバイスにロードしてデバッガを起動する
Profile asEnergy Profilerを開く
New新しいプロジェクトを含むさまざまなアイテムを作成するためのメニューを開く
Save変更されたファイルを保存する
Save all変更されたすべてのファイルを保存する
Mode該当するツールチェーンのデバッグモードとリリースモードを切り替える
Build選択したプロジェクトファイルをデフォルトモード(デバッグまたはリリース)でビルドする
Next annotationコードファイルを操作するのに使用する注釈のタイプを選択してそれらに移動できる
Previous annotation
Edit last location最後に選択したファイルを開く
Back to fileファイルに移動したり、リストからファイルを選択できる
Forward to file
Pin editorProject Explorer Viewの選択範囲をエディタタブにリンクする
Flash programmerFlash programmerツールを開く

SSv5のデバッグパースペクティブ

以下は、デバッグセッションを開始したときに表示されるDebugパースペクティブです。

Debugパースペクティブ説明
Debug Viewコールスタックとコール階層が表示される
※Project Explorer Viewはタブとして使用可能
Right Pane/Bottom Paneタブとして関連情報が表示される
Editor AreaProject Explorer Viewで選択したプロジェクトファイルの内容を表示する
例)
*.c/*.h(Cソース / ヘッダファイル)
readme.md(プロジェクトの説明)
soc_ibeacon.slp(Project Configuratorプロジェクトファイル)
gatt_configration.btconf(Bluetooth GATT Configuratorファイル)
Debug Toolbarデバッグツールバー以下に説明

デバッグツールバー

ボタンボタン名説明
Skipすべてのブレイクポイントをスキップする
Resumeアプリケーションを再開する
Suspendアプリケーションを中断する
Terminateデバッグセッションを終了する
Disconnectデバッグセッションを終了し、デバッグアダプターを切断する
Reset the deviceハードウェアをリセットする
Step intoステップイン実行
Step overステップオーバー実行
Step returnステップアウト実行
Instruction Stepping Modeアセンブリ命令のシングルステップに切り替える
Create snapshotスナップショットを作成する
Restart(終了および再起動せずに)プロセスまたはターゲットを再起動する
Debugデバッグセッションを開始する
Open Element要素の修飾名と場所を確認できるダイアログを開く
Toggle Mark Occurrenceマークオカレンス機能をオン/オフする

以上、SSv5のTipsでした。

次回からはサンプルプロジェクトのLong Range化に入ります。連載第4回目は「Silicon Labs BLEモジュールのLong Range化手順①【Long Range化のための環境】」をご紹介します。

よろしければシェアをお願いします
目次